四国第八十三番札所 神亳山 一宮寺 いちのみやじ

お電話でのお問い合わせ(午前7時~午後5時) tel : 087-885-2301

お知らせ

12月の写経体験お休み日時

2022.12.01

12月の写経体験お休み日時についてお知らせいたします。

●お休みする日時

12月3日(土)12:00~14:00
14:00以降は体験可

12月14日(水)12:00~14:00
14:00以降は体験可

12月21日(水)13:00~終日
9:00~12:00は体験可

12月26日(月)~12月31日(土)
お正月準備の為、年末の体験はお休みいたします


体験を予定されていた方には大変申し訳ございませんが
ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

【紅葉の御朱印】頒布中 ※12月11日まで

2022.11.08

一宮寺では、秋にご参拝いただく皆様が更に当山を楽しんでいただけるよう期間限定で紅葉の御朱印を授与しております。

紅葉の御朱印は、一宮寺護摩堂の御本尊さまでもあるお不動さまをお書きいたします。なぜ、お不動さまなのかと言うと、お不動さまを御本尊さまとしてお祀りしている護摩堂の落慶が紅葉の色づき始める秋(2006年)だったからです。一宮寺では、秋になるとお不動さまに思いを馳せる、そのような意味が込められております。

新型コロナウイルスの感染防止対策をした上で授与いたしますので、この機会にご参拝いただければ幸いです。

●紅葉の御朱印
・授与期間 :2022年10/22(土)~12/11(日)
・授与料 :各500円
・用紙サイズ:A6サイズ

紙色がオレンジ・ピンクの二色ございますのでお好きなものをお選びください
直筆対応ではなく、書置きしたものをお渡しいたします

なお、今回は期間限定ということもあり、授与期間内にご参拝できない方がいらっしゃるかもしれませんので郵送対応もさせていただきます
ご希望の方は
・お電話、FAX、メール
・オンライン授与所
・インスタグラムのDM
いずれかの方法にてお願いいたします
郵送での授与は配送荷具料(250円)をご負担いただきますのでご了承ください

一宮寺:087-885-2301



11/28(月)10:00~ 護摩供

2022.11.08

11/28(月)10時より護摩供を執り行います。
護摩とは、お願い事を書いた護摩木(木札)をお不動様(不動明王)の炎にくべ、成就するよう祈願する真言宗の秘法です。護摩供で当日使用するお次第はこちらでご用意しておりますので、お不動様に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。普段身に着けている物や大事な物をお加持いただけますのでお持ちください。

感染症対策として、体調の悪い方や発熱等のある方は参拝の自粛をお願いいたします。
以下の点につきましてもご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

●護摩供での感染対策
・入堂時のアルコール消毒
・堂内でのマスク着用。お持ちでない方は差し上げます。
・通常時よりも窓を開け、換気を良くします。
・通常時よりも席と席の間隔を開け、席数を減らします。
・飛沫感染防止の為、小さな声で読経をお願いいたします。心の中で念じていただいても構いません。
・接触機会低減の為、祈祷後の法話は通常時より短縮いたします。

現在、お堂に入れる人数を制限しております。
堂内でのご参拝をご希望の方はお寺へご連絡いただき、座席のご予約をお願いいたします。

座席数以上のご参拝があった場合は、護摩堂の回廊からお参りいただくか、大師堂へご案内いたしますのでそちらから護摩堂に向かってお参りください。護摩堂内でのお参りをご希望される方は、お電話で事前に座席のご予約をお願いいたします。当日席(予約不可)も若干ご用意いたします。
制限ばかりで大変心苦しいですが、一日も早い収束へ向けてご協力くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


●お寺へ出向くことが難しい方
オンライン授与所にて護摩木のお申込みが可能ですのでご利用ください。
護摩木オンライン申込:https://www.sanuki-ichinomiyaji.or.jp/event/#goma
オンライン授与所で護摩木をお申込まれた方は、お寺で護摩木へ代筆いたします。
28日以降に遥拝の証として護摩祈祷証をお送りいたします。

11/21(月)15:00~ 普通供養(大師堂)

2022.11.08

一宮寺では、普通供養と銘打って水子供養や先祖供養などを申込まれた方のご供養を毎月21日に執り行っております。
2022年11月は予定通り21日に執り行います。

●11月の普通供養
・11月21日(月)15:00より
・大師堂にて

お申込みをされた方でご都合のつく方はお参りください。
なお、回向証のお祀りを「ご自宅」と選ばれた方は21日にお渡し(ご郵送)いたします。

大師堂での感染対策
・入堂時のアルコール消毒
・堂内でのマスク着用をお願いしております。お持ちでない方は差し上げます。
・平時よりも窓を開け、換気を良くします。


ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
一宮寺 087-885-2301

11/21(月)13:00~ 月並供養祭(舎利羅)

2022.11.08

一宮寺の納骨堂では
ご契約された方の供養祭を毎月執り行っております。
2022年11月は下記の通り執り行います。
ご都合のつく方はご参拝ください。

●月並供養祭
11月21日(月)13:00~
納骨堂 舎利羅にて

ご不明な点がございましたらご連絡ください。
一宮寺 087-885-2301

11月の写経体験お休み日時

2022.11.05

11月の写経体験お休み日時についてお知らせいたします。

●お休みする日時

11月6日(日)13:00~終日
9:00~12:00は体験可

11月16日(水)9:00~11:00
12:00以降は体験可

11月21日(月)13:00~終日
9:00~12:00は体験可

11月30日(水)13:00~終日
9:00~12:00は体験可


体験を予定されていた方には大変申し訳ございませんが
ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

10/28(金)10:00~ 護摩供

2022.10.19

10/28(金)10時より護摩供を執り行います。
護摩とは、お願い事を書いた護摩木(木札)をお不動様(不動明王)の炎にくべ、成就するよう祈願する真言宗の秘法です。護摩供で当日使用するお次第はこちらでご用意しておりますので、お不動様に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。普段身に着けている物や大事な物をお加持いただけますのでお持ちください。

感染症対策として、体調の悪い方や発熱等のある方は参拝の自粛をお願いいたします。
以下の点につきましてもご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

●護摩供での感染対策
・入堂時のアルコール消毒
・堂内でのマスク着用。お持ちでない方は差し上げます。
・通常時よりも窓を開け、換気を良くします。
・通常時よりも席と席の間隔を開け、席数を減らします。
・飛沫感染防止の為、小さな声で読経をお願いいたします。心の中で念じていただいても構いません。
・接触機会低減の為、祈祷後の法話は通常時より短縮いたします。

現在、お堂に入れる人数を制限しております。
堂内でのご参拝をご希望の方はお寺へご連絡いただき、座席のご予約をお願いいたします。

座席数以上のご参拝があった場合は、護摩堂の回廊からお参りいただくか、大師堂へご案内いたしますのでそちらから護摩堂に向かってお参りください。護摩堂内でのお参りをご希望される方は、お電話で事前に座席のご予約をお願いいたします。当日席(予約不可)も若干ご用意いたします。
制限ばかりで大変心苦しいですが、一日も早い収束へ向けてご協力くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


●お寺へ出向くことが難しい方
オンライン授与所にて護摩木のお申込みが可能ですのでご利用ください。
護摩木オンライン申込:https://www.sanuki-ichinomiyaji.or.jp/event/#goma
オンライン授与所で護摩木をお申込まれた方は、お寺で護摩木へ代筆いたします。
28日以降に遥拝の証として護摩祈祷証をお送りいたします。

【紅葉の御朱印】10/22(土)より頒布開始

2022.10.13

一宮寺では、秋にご参拝いただく皆様が更に当山を楽しんでいただけるよう期間限定で紅葉の御朱印を授与いたします。

紅葉の御朱印は、一宮寺護摩堂の御本尊さまでもあるお不動さまをお書きいたします。なぜ、お不動さまなのかと言うと、お不動さまを御本尊さまとしてお祀りしている護摩堂の落慶が紅葉の色づき始める秋(2006年)だったからです。一宮寺では、秋になるとお不動さまに思いを馳せる、そのような意味が込められております。

新型コロナウイルスの感染防止対策をした上で授与いたしますので、この機会にご参拝いただければ幸いです。

●紅葉の御朱印
・授与期間 :2022年10/22(土)~12/11(日)
・授与料 :各500円
・用紙サイズ:A6サイズ

紙色がオレンジ・ピンクの二色ございますのでお好きなものをお選びください
直筆対応ではなく、書置きしたものをお渡しいたします

なお、今回は期間限定ということもあり、授与期間内にご参拝できない方がいらっしゃるかもしれませんので郵送対応もさせていただきます
ご希望の方は
・お電話、FAX、メール
・オンライン授与所
・インスタグラムのDM
いずれかの方法にてお願いいたします
郵送での授与は配送荷具料(250円)をご負担いただきますのでご了承ください

一宮寺:087-885-2301

10/21(金)15:00~ 普通供養

2022.10.09

一宮寺では、普通供養と銘打って水子供養や先祖供養などを申込まれた方のご供養を毎月21日に執り行っております。
2022年10月は予定通り21日に執り行います。

●10月の普通供養
・10月21日(金)15:00より
・大師堂にて

お申込みをされた方でご都合のつく方はお参りください。
なお、回向証のお祀りを「ご自宅」と選ばれた方は21日にお渡し(ご郵送)いたします。

大師堂での感染対策
・入堂時のアルコール消毒
・堂内でのマスク着用をお願いしております。お持ちでない方は差し上げます。
・平時よりも窓を開け、換気を良くします。


ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
一宮寺 087-885-2301

10/21(金)13:00~ 月並供養祭(舎利羅)

2022.10.09

一宮寺の納骨堂では
ご契約された方の供養祭を毎月執り行っております。
2022年10月は下記の通り執り行います。
ご都合のつく方はご参拝ください。

●月並供養祭
10月21日(金)13:00~
納骨堂 舎利羅にて

ご不明な点がございましたらご連絡ください。
一宮寺 087-885-2301

10月の写経体験お休み日時

2022.10.02

10月の写経体験お休み日時についてお知らせいたします。

●お休みする日時

10月15日(土)13:00~終日
9:00~12:00は体験可

10月16日(日)9:00~11:00
12:00以降は体験可

10月21日(金)13:00~終日
9:00~12:00は体験可

10月30日(日)9:00~11:00
12:00以降は体験可


体験を予定されていた方には大変申し訳ございませんが
ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

9/28(水)10:00~ 護摩供

2022.09.18

9/28(水)10時より護摩供を執り行います。
護摩とは、お願い事を書いた護摩木(木札)をお不動様(不動明王)の炎にくべ、成就するよう祈願する真言宗の秘法です。護摩供で当日使用するお次第はこちらでご用意しておりますので、お不動様に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。普段身に着けている物や大事な物をお加持いただけますのでお持ちください。

感染症対策として、体調の悪い方や発熱等のある方は参拝の自粛をお願いいたします。
以下の点につきましてもご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

●護摩供での感染対策
・入堂時のアルコール消毒
・堂内でのマスク着用。お持ちでない方は差し上げます。
・通常時よりも窓を開け、換気を良くします。
・通常時よりも席と席の間隔を開け、席数を減らします。
・飛沫感染防止の為、小さな声で読経をお願いいたします。心の中で念じていただいても構いません。
・接触機会低減の為、祈祷後の法話は通常時より短縮いたします。

現在、お堂に入れる人数を制限しております。
堂内でのご参拝をご希望の方はお寺へご連絡いただき、座席のご予約をお願いいたします。

座席数以上のご参拝があった場合は、護摩堂の回廊からお参りいただくか、大師堂へご案内いたしますのでそちらから護摩堂に向かってお参りください。護摩堂内でのお参りをご希望される方は、お電話で事前に座席のご予約をお願いいたします。当日席(予約不可)も若干ご用意いたします。
制限ばかりで大変心苦しいですが、一日も早い収束へ向けてご協力くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


●お寺へ出向くことが難しい方
オンライン授与所にて護摩木のお申込みが可能ですのでご利用ください。
護摩木オンライン申込:https://www.sanuki-ichinomiyaji.or.jp/event/#goma
オンライン授与所で護摩木をお申込まれた方は、お寺で護摩木へ代筆いたします。
28日以降に遥拝の証として護摩祈祷証をお送りいたします。

<お守り>mikke mamori 秋限定柄

2022.09.11

2022年9月17日(土)より
『mikke mamori (みっけまもり)』の秋限定柄を頒布いたします

秋限定柄はトンボ柄
トンボは秋の虫で、一宮寺の山門にもトンボがいます
これらにちなんでトンボ柄での頒布となりました

●mikke mamori

(通年柄)
・七宝柄
・麻の葉柄
※付属の紐は全部で6種類

(季節限定柄)
・トンボ柄
※付属の紐はオレンジ色


各1体:1,000円



〜mikke mamoriとは〜

中央に空いた穴から自分の身近な幸せを「見つける」、また「身付け(身に付ける)てほしい」という願いが込められた香川県産ヒノキを使ったカード型の幸運守りです

あなたがこのお守りから覗いてみたいものは何ですか?

〜例えばこんな使い方〜

「穴から好きなものや身近な幸せを見つけて撮影し、待ち受けにすることで世界に一つだけのお守りにする」
「普段からお財布や携帯に挟んで相棒のように持ち歩く」
「大切な人を想像しながら、柄や木の質感を選んで贈り物に」

など、持たれた方それぞれの方法でmikke mamoriをお楽しみください
現在、通年柄 2 種と季節限定柄をご用意しております

mikke mamoriを手にとっていただく皆さまの身近な幸せ発見と、mikke mamoriが皆さまの幸福へと繋がることを願い、お守りを頒布させていただきます

頒布は、一宮寺大師堂の授与所またはオンライン授与所で承っております
皆さま『mikke mamori』で自分だけの幸せを見つけてくださいね



こちらのお守りは、「合同会社higoto(ひごと)」(以下、higoto)と共に取り組んでおります
higotoとは・・・
香川県高松市を拠点に、子どもを持つ女性3人による、共同創業・共同代表の会社で
「どんなライフステージでも、今の自分自身を慈しみ、心地よい人生を送るためのお手伝いをする」という想いを掲げ活動されております



9/21(水)15:00~ 普通供養

2022.09.11

一宮寺では、普通供養と銘打って水子供養や先祖供養などを申込まれた方のご供養を毎月21日に執り行っております。
2022年9月は予定通り21日に執り行います。

●9月の普通供養
・9月21日(水)15:00より
・大師堂にて

お申込みをされた方でご都合のつく方はお参りください。
なお、回向証のお祀りを「ご自宅」と選ばれた方は21日にお渡し(ご郵送)いたします。

大師堂での感染対策
・入堂時のアルコール消毒
・堂内でのマスク着用をお願いしております。お持ちでない方は差し上げます。
・平時よりも窓を開け、換気を良くします。


ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。
一宮寺 087-885-2301

9/21(水)13:00~ お彼岸供養祭(舎利羅)

2022.09.10

一宮寺の納骨堂では
ご契約された方の供養祭を毎月執り行っております。
2022年9月は下記の通り執り行います。
ご都合のつく方はご参拝ください。

●お彼岸供養祭
9月21日(水)13:00~
納骨堂 舎利羅にて

ご不明な点がございましたらご連絡ください。
一宮寺 087-885-2301